精神科の薬
【医師記載】抗うつ薬の効果に時間がかかる理由新着!!

抗うつ薬の効果に時間がかかるのは抗うつ薬の投与後に神経細胞ニューロンが成長するのに時間がかかるからです。 不安を感知する扁桃体から前頭葉につながる神経ネットワークが形成するのに時間を要します。 抗うつ薬は即効性には乏しい […]

続きを読む
精神科の薬
【精神科医師記載】精神科の薬で吐き気が出た時の対処法

精神科の薬はセロトニンやドーパミンに作用するために吐き気の副作用が生じることが少なくありません。 吐き気が生じた時は服薬する時間を変えることが有効なことがあります。 空腹時に服薬することで吐き気が生じやすいので食後に服薬 […]

続きを読む
精神科の薬
【医師記載】アナフラニールの体験談

アナフラニールは三環系抗うつ薬で古いタイプの抗うつ薬です。 古い抗うつ薬は新しい抗うつ薬と比較すると副作用が強い一方で効果が強いという体験談があります。 他の抗うつ薬が発癌性が指摘されて製造中止されたために選択できる三環 […]

続きを読む
精神科の薬
【精神科医師記載】炭酸リチウムの評判

炭酸リチウムは双極性障害に保険適応のある気分安定薬です。気分の波を小さくする効果があります。 うつ病のガイドラインでは難治性のうつ病の補助療法としても推奨されています。 炭酸リチウムは採血で血中濃度を測定して用量を決定す […]

続きを読む
精神科の薬
【精神科医記載】ロナセンの評判

ロナセンは統合失調症に適応のある抗精神病薬です。第二世代抗精神病薬の中でセロトニンよりもドパミンに優位に作用することを特徴とします。 ドパミンにしっかり影響する非定型抗精神病薬として定評があります。 1日2回投与な点がデ […]

続きを読む
心療内科の薬
【医師記載】自律神経失調症の薬の一覧

自律神経失調症の薬はグランダキシンとリーゼの2種類のみです。 リーゼの方がグランダキシンよりも効果が強い一方で副作用も強くなります。 リーゼやグランダキシンを自律神経失調症の症状が出たときのみに用いる頓服として使用するこ […]

続きを読む
精神科の薬
【精神科医師記載】アルプラゾラムの評判

アルプラゾラムはベンゾジアゼピン系の抗不安薬で半減期が12時間です。 アルプラゾラムは一回に0.4mgで服薬します。効果が不十分な際は一回に0.8mgまで服薬可能です。一回の服薬から2時間以上空けて一日に2.4mgまで服 […]

続きを読む
退職代行
【精神科医師記載】退職代行の一覧

退職代行には労働組合によるもの、弁護士によるもの、それ以外のものの3つがあります。 労働組合によるものは賃金請求や退職日の調整などの交渉権があります。 弁護士によるものは賃金請求や退職日の調整などの交渉権に加えて裁判の代 […]

続きを読む
東部東上線下板橋駅の精神科
下板橋駅から近くの精神科の一覧

東部東上線下板橋駅から近くの精神科のクリニックはメンタルクリニックいたばし、板橋区役所前メンタルクリニックです。 メンタルクリニックいたばしは東部東上線下板橋駅から徒歩7分の場所にあります。 メンタルクリニックいたばし […]

続きを読む
精神科どこまで話すか
【精神科医師記載】精神科でどこまで話す

精神科でどこまで話すかについては困っていること、その原因、これからどうしていきたいかという点です。 どこまで話すかということについて本音を話すことが重要になります。深い話をして医師が引いてしまうということはないと考えられ […]

続きを読む